トップ   シェフズルーム

創業20周年企画【第1期(4月~6月)】今までの20年・これからの20年。懐かしくて新しい。

(体験→触発→五感→第六感→衝動→エネルギー→発展)

第1期(4月~6月)・・・【自然】自然環境という背景・・・山中湖より
○自然のリズムと力との協調・・・逆らえようがないよね!だから・・・・・
 ○理屈じゃない、圧倒的な自然のパワー!
○勇気と謙虚と忍耐力
○まことに、巧妙な自然の成り立ち。
○太陽の役割・月の役割・人の使命。
山中湖ダイニング

自然という背景の中で、人は生活をさせてもらっている。見させてもらっている。生かしてもらっている。人と自然が協調することで、心が良い状態で進める。
これらをテーマに、表現したい。
 
 たとえば、森の木々を例に、春・・・根元の葉が雨により腐葉土に代わる。夏・・・強い日差しをお生い茂った葉が遮る。秋・・・葉を落とし根元を守る。冬・・・水分の遡上を止め葉のじゅうたんに守られる。
自然界の様々な現象が規則性を持ちながら、日々刻々と変化する日常の中にあり、見事なまでの、巧妙な仕組みはあっぱれである。

標高1000m、気温30度~氷点下15度、森の中、湖畔のオーベルジュ。
山中湖でのおもてなし業は、春夏秋冬の劇的で明確な変化を起こします。
春・・・透き通る芽吹きの新緑。早い成長。景色に色が付き始める。空気がペパーミント。
夏・・・日差しを弱める木々の葉。きらきらと煌めく。森の活力を感じる。
秋・・・山が近く感じる。落ち葉が積もる。鳥のさえずりが変わる。リスの越冬準備がはじまります。
冬・・・空気が固い。落葉で景色が広がる。満月の富士山は妖艶。景色がシャープになる。

この様な地域での生活の中から、感じる事が、手法を上回り始めて、料理に転嫁してゆく変化を自然に受け入れていくようになる。
大工作業・土木作業・機械設備のメンテナンスや修理などとの相乗効果により、複数のエンジンが動き出す。自然の摂理と生活の便利さとの距離が開き始めることにより、発想の幅と奥行きに自身の変化を感じた。


≪リコレクトメニュー≫ 創業20周年記念プランメニュー
「フォンテーヌ・ブロー山中湖」の当時を回想し、復刻リニュアルした、「新しくて、懐かしい」創業20周年感謝のおもてなしと、お料理を「箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭」と「フォンテーヌ・ブロー熱海」にて同時にお届けいたします。
第1期(4月~6月)・・・【自然】自然環境の背景の中で・・・山中湖より
箱根
Amuse-gueule ユリ根のフラン、パテ・ド・カンパーニュ、鯵のブランダード
Hours-doeuvre くぬぎ鱒のコンフィ
Soupe ごぼうのクリームスープ
Pain  パン2種
Poisson 駿河湾産スズキの西京味噌漬け、ブールブランソース
Savoureux ココナッツミルク マリブの香り
Viande 子羊のロース肉の香草とパイ包み焼き タイムを添えて
Granddessert ショコラプディング エキゾチックソース バニラアイスクリーム添え
Café ou the コーヒー、紅茶、又はハーブティーとプチフール

 熱海
Amuse-gueule 野菜のテリーヌ、リエットとスワン、ズワイ蟹のグラタン
Hours-doeuvre 石廊崎の金目鯛と北海道産帆立貝のオードブル彩の野菜とトリュフディジョンマスタードソース
Soupe ごぼうのクリームスープ
Pain パン2種
Poisson 駿河湾産スズキの西京味噌漬け、ブールブランソース
Savoureux ココナッツミルク マリブの香り
Viande 子羊のロース肉の香草とパイ包み焼き タイムを添えて
Granddessert ~桜~
Café ou the コーヒー、紅茶、又はハーブティー、ミニャルディーズ

※メニューは一例です。仕入の状況により変更となる場合がございます。
 



▼ 関連記事
フォンテーヌ・ブロー創業20周年を迎えてのご挨拶
第2期(7月~9月)・・・【人】人の特性と習性が重なり合うと・・・白馬より
第3期(10月~12月)・・・【幸せ】「お福分け」が私たちの本分・・・箱根より
第4期(1月~3月)・・・【希望】山は、母なれど海は希望?・・・熱海より