CONCEPTコンセプト

滞在を通して「夢」・「愛」・
「幸福感」を自身で気づき
感じて頂きたい、
それが癒された状態だと
考えております。
お客様に自己治癒力の向上と
合わせて感じて頂きたい
気づきを提案できれば、
私たちの願うところであります。
日本古来からの「想う」+「成す」
=「おもてなし」の心地よさに
日本文化の影響により進化した
フランス料理と合わせて、
フォンテーヌ・ブローの世界観を
どうぞご体験ください。

OUTER外からの癒し

OUTER 外からの癒し

大地に抱かれる源泉の力、
ゆっくり流れる時間、
「外」からのセットアップ

大地に抱かれる源泉の力、ゆっくり流れる時間、「外」からのセットアップ
箱根外輪山の雄大な眺めと、神山の麓、大涌谷から出でる源泉が本来の自分に導いてくれます。大地の恩恵を全身で感じてください。長く強い余韻が続きます。

箱根外輪山の雄大な眺めと、
神山の麓、
大涌谷から出でる源泉が本来の自分に導いてくれます。
大地の恩恵を全身で感じてください。
長く強い余韻が続きます。

INNER内からの和み

INNER 内からの和み
希望と懐かしさ、活力と癒し、「内」なるリセット

希望と懐かしさ、
活力と癒し、
「内」なるリセット

伝統と熟練の日本のフレンチ。
どこか懐かしいが、どこか新しい。
とか
どこか寛ぐが、なんか元気が出る。
この様な経験ありませんか?
一見対極的に感じる事も自身の内部では解っているようです。

伝統と熟練の日本のフレンチ。どこか懐かしいが、どこか新しい。とかどこか寛ぐが、なんか元気が出る。この様な経験ありませんか?一見対極的に感じる事も自身の内部では解っているようです。
お客様の大切な時間をお預かりして、身も心も感度UPして無事にお帰り頂きたいと願っております。

お客様の大切な時間をお預かりして、
身も心も感度UPして無事にお帰り頂きたいと願っております。

コンセプトスケッチコンセプトスケッチ

  • 感性の表現。
  • その昔シルクロードの往来が、西洋と東洋の文化的神秘に導かれ今に伝わる。
  • 今なお続く進化の中。
  • 明日への喜びを想像する。
  • 思いやりと感謝での繋がり。
  • 中心から見る。発想する。
  • フォンテーヌ・ブローとは、言うなれば人間力道場。

癒しと、和みの回帰

生活圏から少し離れた日本の原野風景の中に自分を置いてみる。
本来の自分、未来の自分、現実と理想が混同して、とても良い時を体験する。
場面変更がもたらす効果です。
本来の自分にゆっくり戻っていく豊かな時間があります。

生活の為の料理・都会の料理・自分の為の料理。
フォンテーヌ・ブロー仙石亭では、元帝国ホテル料理人「斎藤厚男」が、日本人として心から寛げる滞在の在り方を考えたリゾートの形です。
日常から解き放たれる距離と自然に包まれるクラシックな温泉リゾートの歴史と共に日本の原野風景を今に残す箱根・仙石原。
箱根山最高峰の「神山」(1438m)山麓「大涌谷」の大地から湧き出す源泉の湯と日本ならではのフランス料理を楽しみながら癒しと、和みに満ちた時間をお楽しみください。

生活の為の料理・都会の料理・自分の為の料理。

OWNER’S MESSAGE

内から和む、日本の伝統フレンチ

内から和む、日本の伝統フレンチ

フォンテーヌ・ブロー仙石亭の料理は、フランス料理文化と日本のおもてなし文化の重なりを表現したい、中心にあるその思いを形にすべく日々精進致しております。1800年代後半、西洋と日本の文化がシルクロードを介して、欧州に大きな影響を与え、後に生まれた「アールヌーボー」後に「アールデコ」と進化する要因となった日本の文化素養をフランスでは、エミールガレのガレランプなどの作品にみられます「花・鳥・風月」「間・を生かした配置」「造形的な・波・風」等、日本からの逆輸入として取り入れられています。シルクロードを通じて日本に伝わり、独自の進化と共に世界に影響を与えてきた日本人の感性が育てた伝統フレンチです。育ちの良い食材とフランス料理の伝統技法を大切に、四季の恵みを味わう日本ならではのフルコースをお楽しみください。

シェフズルーム

「フォンテーヌ・ブロー仙石亭」名前の由来

「フォンテーヌ・ブロー」とは、パリの郊外、フランス北部イル・ド・フランスと呼ばれる地域の南方に位置する都市で、「フォンテーヌ・ブロー宮殿」があり、「フォンテーヌ・ブローの森」に代表される深い森林地帯です。パリの衛星都市としての機能もある。そして、この名前は、帝国ホテルのかつての総料理長・村上信夫氏が率いるメインダイニング「フォンテーヌブロー」から譲り受けた名前でもあります。
客室名は、近代の(1800年代後半)日本と欧州を繋ぐシルクロードに思いを馳せて命名しました。
≪101-蘭・102-崑・103-崙・104-玉・105-印・106-絹・107-彊・204-煌・201-遥・202-楼・203-紗・205-路≫