CUISINE料理

とっておきの旬の食材を用いた
贅沢な味わいをお楽しみください。

内から和む伝統の
フレンチ

「フォンテーヌ・ブロー仙石亭」では、日本人の感性と誇りを実感できる、日本人による日本人のための日本の欧州料理を味わっていただきたいと考えます。

DINNER季節を描くコースメニュー

ディナーコースは、季節によってメニューが変わります。移り行く季節が伝える風情を素直に受け入れる感受性は、「日本人の美徳」だと考えます。
環境と想いを見える形に表現者としての料理作りをどうぞ感じてください。
生産者とその環境、すなわち「育ち」を大切にした食材を、その時期、その日の気候、頭に浮かぶ閃きに逆らわず、伝統的なフレンチの技法の枠を逸脱しないで表現します。大切な人と共に食する「会食」の喜びを料理人として、実直にお手伝いしたいと思います。

季節を描くコースメニュー
季節を描くコースメニュー

MENU-ある日の晩餐-

Amuse-gueule前菜
ピペラード
キャロットラペ
とうもろこしのクレマ
hors-d'œuvreオードブル
鱧のあじさい仕立て梅肉のガスパッチョと共に
Soupeスープ
冷製えだ豆のパリソワールビーツの香りをのせて
Painパン
パン2種
Poisson魚料理
メバルのポワレハマグリのジューと小松菜とほうれん草のエマルジョン
Viande肉料理
国産牛ロースのスービット 夏野菜添えマルドンのシーソルトとグリーンマスタードソース
Avant dessertデザート
グロゼイユといちごのスープカモミールのグラニテ ハチミツの香り
Grand dessertメインデザート
カルダモンのブランマンジェグリオットソース バニラのアイスと共に
Café ou Thé飲み物
コーヒー、紅茶 又はハーブティー
Petits Foursお茶菓子
プティフール
季節を描くコースメニュー 季節を描くコースメニュー
季節を描くコースメニュー

BREAKFAST一日の始まりを彩る充実の朝食

明るい光に包まれるメインダイニング。ディナーと対極に、真っ白なクロスの上に鮮やかに並ぶ食器たち。厨房から聞こえてくる音と美味しそうな匂い。
フォンテーヌ・ブロー仙石亭では、大切な一日をゆっくりとスタートアップし、朝食も充実のお皿でご用意いたします。新鮮な野菜とフルーツを盛り合わせたサラダとヨーグルトに、彩りも美しい温かな野菜のスープ。そして温野菜とハムに特製ソースを掛けたポーチドエッグなど。季節によって美味しいお料理をご用意。
熱いコーヒーや紅茶とともに、小鳥のさえずりが聞こえる爽やかな仙石原高原の朝を迎えてください。

PROFILE

オーナーシェフ 斎藤 厚男

オーナーシェフ斎藤 厚男

1958年千葉県市原市に生まれる。スキー好きが高じて世界のスノーリゾートを調べた結果一流スノーリゾートの殆どがフランス語圏にあることが解り、フランス料理の道へ。料理人として皇室や世界の国賓をもてなした帝国ホテルに20年勤務。総料理長 故・村上信夫氏に師事、その魂を受け継ぐ。
自身の理想とするおもてなしの実現に向け、1997年4月にオーベルジュ「フォンテーヌ・ブロー山中湖」、2002年12月に「フォンテーヌ・ブロー白馬」を開業。2006年4月箱根仙石原にて「箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭」を開業。2016年4月「フォンテーヌ・ブロー熱海」を開業。料理人として、経営者として、長年のパートナーであるマダムと共に、後進のスタッフの育成に情熱を注ぐ。

  • 料理長 佐藤 僚一

    料理長佐藤 僚一

    1967年東京町田市で出生。日本のフランス料理界を牽引する巨匠、北島亭オーナーシェフ、北島素幸氏に声をかけて頂いたことをきっかけに料理の世界へ足を踏み入れる。
    人が生きるということと同義の「食べる」ことを探求していきたく、フレンチのみならず、和洋中様々な分野を経験した。現在のフォンテーヌ・ブローでは、オーナーシェフ斎藤厚男が掲げる、「本質の追求」という理念に共感し、持ち前の明るさと愛情で日々お客様を笑顔にしている。

  • 統括支配人 廣瀬 雄大

    統括支配人廣瀬 雄大

    製造業から縁あってサービス業の世界へ。接客、集客、雇用、指導など多岐にわたる業務の中でも、料理を通じて五感を満たす感動を体験する。多くを経験するからこそ、見えること、出来ることを体現する若手スタッフの頼れるリーダー。生来の人間好き。

    1989年 静岡県に生まれる。釣りやバンド活動に明け暮れた学生時代を過ごした後、製造業を経てホテルへ転職。想いを実現できる理念に惹かれて2014年にフォンテーヌ・ブローに入社。一心不乱に仕事に打ち込みながら、わずか数年で「箱根」と「熱海」両方をマネージメントする統括支配人となる。

  • DINNING
  • DINNING
  • DINNING
  • DINNING
  • DINNING

DINING

高原風景に囲まれながら、木々や空の色を映すガラス窓。皿を浮かび上がらせる漆黒のダイニングテーブル。夕刻には柔らかな照明が灯り、カウンターバーは青く幻想的な光を放ちます。
落ち着いた雰囲気で食事を愉しむメインダイニングへは、お洋服にてお越しください。