トップ料理ディナー

シェフイメージ オーナーシェフ 斎藤厚男

1958年 千葉県市原市に生まれる。スキー好きが高じてフランス語圏の国に憧れたことからフランス料理の道へ。料理人として皇室や世界の国賓をもてなした帝国ホテルに19年間勤務。総料理長・田中健一郎氏の右腕として活躍後、自身の理想とするサービスの実現に向け、1997年に山中湖にオーベルジュ「フォンテーヌ・ブロー山中湖」を開業。2006年に箱根仙石原にて「フォンテーヌ・ブロー仙石亭」を開業。

シェフズルーム
DINNER
内から和む日本の伝統フレンチ

スペインアンダルシア発祥ともされるフランス料理は、民族移動で国境を越え、ユーラシア大陸の一部であるヨーロッパ大陸へと継承されてきました。そしてシルクロードで繋がるロシア・トルコ・中国・インド・日本により吸収・発展し、今に至る料理のカテゴリーとして分類されています。国王の威信を賭けた大宴会により、その発展が異常に速かった中国料理・タイ料理・フランス料理には、世界三大料理として別格にて確立された経緯があります。黄金の国ジパングと呼ばれた日本はその最終伝達地であり、「花鳥風月」や「侘び・寂び・間」の感覚が、シンメトリーを超えたバランス表現として、日本から世界中にフィードバックされたのだと思います。様々な地域と時代が重なるフランス料理は、シルクロード料理として捉えられると思います。「フォンテーヌ・ブロー仙石亭」では、日本人の感性と誇りを実感できる、日本人による日本人のための日本の欧州料理を味わっていただきたいと考えます。

季節を描くコースメニュー

ディナーコースは、季節によってメニューが変わります。移り行く季節が伝える風情を素直に受け入れる感受性は、「日本人の美徳」だと考えます。生産者とその環境、すなわち「育ち」を大切にした食材を、その時期、その日の気候、頭に浮かぶ閃きに逆らわず、伝統的なフレンチの技法の枠を逸脱しないで表現します。大切な人と共に食する「会食」の喜びを料理人として、実直にお手伝いしたいと思います。

  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
  • 料理イメージ
シェフがおすすめするもう一品

コースに加えるもう一皿として「季節替りのスぺシャリテ」をご用意いたしております。とっておきの旬の食材を用いた贅沢な味わいをお楽しみください。

DINNER STYLE
  • フォーマルなディナータイム メインダイニング
  • カジュアルなディナータイム ゲストルーム
ディナーを愉しむ2つのスタイル

お薦めは出来立てをお召し上がりいただける「メインダイニング」でのディナータイム。客室により「ゲストルームダイニング」でのお食事もご用意しておりますので、お好みでお愉しみください。